スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挑戦だ!

2012年11月19日 23:15

よくドラマなんかの陶芸教室のシーンで、電動ろくろを使ってて派手にぐにゃぐにゃに
しちゃって大失敗!
なんてのがある。
そんなシーンをぼんやり見てて思った・・・

『あれって、そんなに難しいのかな?』


気になるなら、挑戦してみればいいじゃない!
というわけで、やってきたのがこちら!



大分県由布院にある「由布院窯 蛍工房」
親切丁寧に初心者にも電動ろくろでの陶芸を教えてくれるらしい。

ここで一つ注意点を。
この場所、すっごくわかりにくい!
普通に行ったら、陸上自衛隊まで行ってしまっておかしい事に気がつく。
エネオスの次の交差点を曲がるんじゃなく、エネオスの隣にある車一台がやっと通れる
狭い路地の奥にあるんだw


無事に到着したら、気合を入れよう!

スタッフさん 「それじゃ何を作ります? 最初は小さい湯呑みかマグカップなんかを・・・」
じぇす太   「どんぶり作ります!」
スタッフさん 「え?」
じぇす太   「え?」
スタッフさん 「大きい作品になるとそれなりに難易度・・・」
じぇす太   「どんぶり作ります!」
スタッフさん 「・・・・」
じぇす太   「・・・・」
スタッフさん 「・・・挑戦してみます?」
じぇす太   「どんぶり作ります!」

では、電動ろくろ体験の始まり、始まり~







んで、完成♪


いやいや、ここまでくるのは大変だったんだけど、泥だらけになるんで自分の作品の作成中は
写真なんか撮れないんだよ?w


手を洗ってさっぱりした後、丁度まだ作ってる人がいたので、パシャリとな。



この男性が当日指導してくれたスタッフさん。
初心者の自分達が作ってて、危なくなったらさりげなくこうして修正してくれますw

水分を絶えず含ませる事と、ゆっくりゆっくり作業する事さえ気をつけていれば
大失敗することは無いとの事でしたん。




電動ろくろから作品を切り離す時、皆が息を殺してじっと見つめてしまいます。
何かを言いたそうな右手が、人柄の良さをあらわしていますにw

体験作業は、ここまで。
希望があれば、模様付けなんかもさせてもらえるんだけど、もう精魂尽き果てましたんw
この後、乾燥→素焼き→着色→本焼きまでを代行してくれて、出来上がった先品は
ゆうパックで宅配してくれます。




・・・というのが、先月のお話
つい先程、ゆうパックで届いたのがこちら。



どんぶりを作ろうと大きく作ったつもりだったけど、乾燥&焼きで小さくなってしまい
最終的にはちょっと大きめの茶碗くらいになりましたw

どんぶり作るには、どうやら洗面器くらいの大きさで作らないとダメみたいだw
みなさんも、一度体験してみてはいかがですかに?


コメント

  1. せしる | URL | -

    Re:挑戦だ!

    写真の男性と ゴースト【ニューヨークの幻】をしてきたのですね!!
    あたし ウーピーさんで イタコやるわー

  2. まゆまゆ | URL | -

    Re:挑戦だ!

    20代の頃、5年くらい陶芸やってたけれど
    電動ろくろは触れなかったよ(´・ω・`)
    陶芸は、土練りが好きだったな~
    あのひんやりとした感触、土の質量の重さ
    また始めようかな~(´-ω-`)

  3. じぇす太 | URL | -

    Re: Re:挑戦だ!

    > せし姉
    そうなんだ。
    もう後ろから手を回されて、二人で同時にろくろを・・・
    うひぃぃぃぃぃぃ!

    > まゆ姉
    にゃんと!陶芸やってたか。
    でもこういうの趣味にしてたらいいよねー。
    自分も手びねりはやった事あったけど、ろくろは今回が初めて。
    なかなか面白かったよー!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/598-5836aeec
この記事へのトラックバック


最新記事

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。