スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHF】 赤いねこと金のさかな

2012年04月23日 22:20




あかねこが魚釣りをしていると、
おやおや、これは珍しい。
キラキラ光る黄金魚が釣れました。

しかし、命乞いもせず、 覚悟を
決めてしまった黄金魚を見て、
あかねこは興味を失いました。

『フム。お前のようなちっぽけな魚、焼いて食べるほどでもないニャ』
あかねこは、釣り上げた黄金魚を逃がすことにしました。




無事に逃してもらった黄金魚は、
お礼の言葉を述べます。

『あかねこさん、ありがとう。
 このご恩は決して忘れません』

『あかねこさんが困っていたら、
 きっとぼくが力になりますね』

そう言って、黄金魚は
湖の底へ消えて行きました・・・。


あかねこが黄金魚と出会ってから、季節が変わるほどの月日が流れた、
ある日のこと―。
密林を散歩していたあかねこに、乱暴な桃猿たちが襲いかかりました。
桃猿は、山に住む恐ろしい魔王、黒猿の手下です。





あかねこは、まくし立てるように
言葉を並べて、助けを請いましたが
桃猿たちは聞く耳を持ちません。

もう駄目ニャ!

そう思った、その時―。





あの黄金魚が水の中から飛び出し、
桃猿たちに向かっていったのです!

黄金魚は口から水を吐いたり、
時には体当たりを繰り出しました。

たまりかねた桃猿たちは、
とうとう捨て台詞を残して
黒猿の元へと逃げ帰ったのです。

約束を果たし、無言で去る黄金魚。
あかねこはその姿に心を打たれ、友達になってもらえないかと申し出るのでした。


さてさて、こうして、あかねこと黄金魚は友達になりました。
ある日、あかねこは打ち明けます。
『オイラ、おしゃべりで嘘つきだから、真っ赤な嘘つきねこなんて呼ばれて、
嫌われていたニャ』

『でも、本当は友達を作るのが夢だったニャ』

『黄金魚と出会って分かったニャ。
ほんとの友達同士なら、黙っていても気持ちが伝わるものなんだニャ・・・』



『ちなみに、黄金魚の夢は何かニャ?』
黄金魚は答えました。
『ぼく、湖から出て遠くへ行くのが夢なの。
 一度でいいから、山に登ってみたいなぁ』

初めて友達ができて、
幸せいっぱいの二人・・・。

しかしそんな二人の会話を聞いて
物陰でほくそ笑む桃猿たちの姿が
あったのです・・・。

あかねこは、黄金魚を山へ連れて行くと約束しました。
しかし、黄金魚の一族には、湖から離れることで、災いが振りかかる
という言い伝えがあったのです。
あかねこは、黄金魚を安心させるために何度も何度も説明しました。
そんな言い伝えは、迷信なのだと。

でも、ふと思い出します。
軽い言葉をどれほど重ねても、信用など生まれないことを。
あかねこは、黄金魚を安心させるために、海辺の村で使われる魔除けの御守りを
用意することにしました。

黄金魚は遠慮しました。
何より、あかねこを一人にしておくのが不安だったのです
しかし、黄金魚のために必死で準備するあかねこの姿に感謝し、その気持ちを
受け入れることにしたのでした。







あかねこが黄金魚を連れて行った
のは、熱い熱い火山でした。

黄金魚は、見たことのない景色を
前にして、大いに喜びましたが・・・

しかし、この旅にはあかねこの
ある思惑が隠されていたのです・・・。



あかねこが黄金魚を連れていった
火山は、恐るべき魔王、黒猿のすみかでした。

あかねこは、一人で行動する隙を突かれ、黒猿の元へ連れてこられていたのです。
その時に、珍味と名高い黄金魚を
持ってくるよう、脅されていたのでした。

『黄金魚、本当にごめんニャ!
 オイラ、黒猿には逆らえなかったニャ!』



「大丈夫だよ、あかねこさん。
 ぼく、全部分っていたから」

「あかねこさんが嘘をついていた
 ことも、それに苦しめられていた
 ことも・・・」

「約束したでしょ。
 あかねこさんが困っていたら
 助けるって。
 あの約束は、まだ終わってないよ」 

黄金魚は、あかねこの想いをすべて理解した上で、黒猿を倒すため、
わざと火山に連れられて来たのでした。

それを知ったあかねこは、友達を騙した自分の行動を恥じました。
そして、黄金魚と共に黒猿に立ち向かう決心をするのでした。


あかねこと黄金魚の心がひとつとなり、黒猿に立ち向かうその姿に、
黒猿自身も心を打たれました。
突如、黒猿の全身が大きく変貌し、金色に輝き始めたのです。
そして、黒猿は言いました。

『想いを内に秘め、口を開かずとも行動で雄弁に語る黄金魚よ』

『お前の生き方に、我は新たな信条を得た』








『沈黙は金!』

『これからはその想いを胸に、静かに暮らしていくとしよう』

こうして、金色の体へと変貌した黒猿は、誰にも迷惑をかけることなく、
静かに暮らすようになったのです。








あかねこと黄金魚は、本当の友情を
結び、 いつまでも友達で
あり続けました。


めでたし、めでたし♪


おはなし

刊行


:ミズキ
:風香
:メゼポルタ出版 (初版)


コメント

  1. みづは | URL | -

    Re: 【MHF】 赤いねこと金のさかな

    おー 絵本だ!絵本ですね!
    そうそうこんな話だったぁあ!
    再現ありがとうございます!

    あかねこ装備に目がくらんで、お話ウロオボエだったぁ(><)
    結構感動したのに・・・細かいとこ吹っ飛んでましたw

    いやぁ・・・いい話ですよ・・・うんホロリ。゚(゚´ω`゚)゚。

  2. じろ | URL | -

    でも黄金魚さん剥製にされた挙げ句ボーガンに改造されてますやん(´・ω・`)

  3. こげ | URL | -

    秀逸すぎて鼻血でた

  4. モキエル | URL | mQop/nM.

    うわぁ…

    やっつけ仕事な感がハンパないですねw
    でも、ベテランシナリオを絵で表現してみようという試みが凄い。

  5. じぇす太 | URL | -

    Re: Re: 【MHF】 赤いねこと金のさかな

    > みづはさん
    絵本を作るというラストだったので、先に作ってしまえとw
    なかなか感動的な話でしたよねー
    ミズキ嬢も、なかなかやりおるわw

    > じろさん
    実はこの話は今から10年前のものなのです。
    勿論、黄金魚さんはお亡くなりに…
    だけどその友情&遺志はボウガンとなって、今もアカネコと共にいるのです。

    > こげさん
    んむw
    無事出版されて印税が入ったら、こげさんにも奢ってあげるよーw

    > モキエルさん
    やっつけだなんて、ひどい!
    これだけの絵を描くのに、全部で10分はかかりましたもの!w
    でもぶっちゃけ、ストーリーの文字おこしの方が大変でしたんw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/530-afc4deb1
この記事へのトラックバック


最新記事

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。