スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画 『ゾンビハーレム』 (2009年)

2011年08月21日 20:09

原題:”DOGHOUSE”
制作:イギリス
監督:ジェイク・ウェイト

【あらすじ】
ある日、妻に別れを告げられたヴィンス。
友人たちは彼を元気付けようと、女の人口が男の4倍という町・ムードリーへの傷心旅行を企画する。
しかし、なぜかその町の女たちは皆ゾンビ化しており、男たちの襲いかかってくるのだった。


ゾンビ+女だらけのハーレム+アルバトロス配給=最低のB級映画!(*゜∀゜)=3
ドキドキわくわくして観たんだけど、…ちくしょーっ 騙された!
めちゃくちゃ面白い映画じゃんか! アルバトロスらしくない!
というわけで、アルバトロス配給作品で最高の拾い物だったw

愛する妻に離婚を切りだされたヴィンス君。
昔はぶいぶい言わせてた彼も、結婚生活でしっかり大人しくなってしまって
ものすご~~く落ち込んじゃってます。
そんな彼を慰めようと集まった悪友達。みんなで憂さ晴らしだ!
というもの彼らも奥さんと仲が悪かったり、共通の問題を抱えていたからw

憂さ晴らしの旅行先に選ばれたのは、山奥の小さな町「ムードリー」
仲間の一人マイキーの出身地なんだけど、なんと男性の4倍も女性が居る街だってw
まぁそんな話でもなきゃ、陸の孤島みたいな小さな街には行かないよねw
チャーターしたマイクロバスに乗り、バスの運転手が美人だった事も手伝い、上機嫌で
一路ムードリーへ出発!

辿り着いた田舎町ムードリー。だけど、男どころか女すら居ない?
とりあえずマイキーの家へ行ってみると、初めて女性と遭遇!
ウェディングドレス着て、斧を持った女ゾンビ??
逃げてる途中で出てくるわ出てくるわw
両手にハサミを持った美容師ゾンビに、ドリル持った歯科医ゾンビ。

なんだか地味な女性ゾンビを見つけてマイキーが叫ぶ!
「おれ、昔こいつと付き合ってたんだ!」
「お前、こんなのにキスしてたのかよ!」ってツッコミないす!w
とりあえず逃げようと、乗ってきたマイクロバスに戻ってみると、美人運転手が
ゾンビ化している最中でしたw
こりゃダメだと町中に散り散りで逃げ出した彼ら。
果たして無事にこの街を脱出できるのだろうか?

町中の女性がゾンビに!っていっても、総勢20名くらい?
だけど、その一人ひとりのキャラが立ってるんだよね。
太った有閑マダムみたいなゾンビや、歩行器でなんとか歩いてるばあちゃんゾンビ。
そんなゾンビ達が何度も何度も襲ってくる。そして逃げ惑う男たち。
彼らは銃なんて持ってなく、武器はゴルフクラブやラジコンや水鉄砲だけw
男しか悲鳴を上げない映画って初めてかも知れないw

途中で合流した軍人から、今回の騒動の原因が判明するけど、もはやどーでもいいw
どこまでも続くドタバタ喜劇、ここまで笑えるホラーはショーン・オブ・ザ・デッド以来。
少しはホラー耐性のある人なら、面白いからぜひ観て欲しい。
でもアルバトロス配給作品が、毎回面白い訳ではないのでご注意をw


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/450-35e7dab7
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    QLOOKアクセス解析

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。