スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android端末をもてあそぼう! 【ハード編】

2011年07月03日 18:10

せっかく購入したDropad A8、ハード的にも色々しちゃおう!


【殻割りをしなきゃ始まらない!】
本体をばらすには、まず”殻割り”をしなきゃいけない。
まぁ、裏蓋を外すだけなんだけどねw



裏蓋は、ぺらっぺらのプラ板が一枚、強力な両面テープで貼りつけられてる。
100均の吸盤付きフックを貼りつけ、写真の赤色部分をドライヤーで温めながら
慎重に外そう。
だけど、ぺらっぺらだからきっと割れてしまう! 自分も割れちゃった!
でも大丈夫。 ここで裏蓋だけを売ってるんだw
無事に裏蓋が外れれば、後はネジを外せば基盤にアクセスできるよ。
そうそう、強力すぎる両面テープは全部取り除いて、100均の弱い両面テープで
再度とめるようにしたら吉。


【システムのバックアップをしよう!】
殻割りして基盤が見えるようになったら、システムのバックアップしよう。

 

自分のDropadはファーストロットだから、「NANDあり」の端末。
システムが格納されている大事な本体メモリは、なんとMicroSDカードw
この安っぽさが、中華パッドの醍醐味だね!w

フォルダーをスライドさせるとカードが取り外せるから、PCに取り付けて
”DD for Windows””USB Image Tool”なんかで、カード全体をイメージ化して
PCに保存しておこう。
万が一、起動しなくなったりした時に、本体のカードにこのイメージを書き戻せば
助かる可能性が高くなるからね。


【WI-FIアンテナを改善しよう】
Dropad A8ユーザー共通の悩みが、「WI-FIの感度が悪い」
本体を開けた人ならわかるだろうけど、標準搭載されているWI-FIアンテナは
ワニ口クリップみたいな非常にお粗末なもの。
これじゃぁ、感度が悪いのも仕方がない。
そこでいっその事、アンテナを交換してみよう。




 交換するアンテナは、DS Lite用のアンテナ。
 小さい割に、なかなか感度良好。

 ヤフオクなんかを探せば、400円くらいで
 入手可能。
 もちろん、他のアンテナでも大丈夫。

交換自体は非常に簡単。
今付いているアンテナを外して、このアンテナをハンダ付けすれば良いだけ。
ハンダ付けに自信がない場合は、テープで貼り付けちゃえw
ただテープが外れて、基盤の端子に接触したりしたら非常に危険だからリスキーだ!



アンテナは上部の3つボタンの穴があいている辺りに、両面テープで貼りつけよう。
再び組み上げた時に、基盤に干渉しないように気を付けるべし!


ハードをいじる時は、「壊れても構わないさ!」という大きな心が大事だねw


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/434-5305c3df
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    QLOOKアクセス解析

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。