スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画 『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 (2009年)

2011年05月06日 20:39

原題:”THE HANGOVER”
制作:アメリカ
監督:トッド・フィリップス

【あらすじ】
結婚式を2日後に控えたダグは、独身最後の夜を楽しもうと悪友のフィルとステュ、そして義理の弟となるアランと共にラスベガスへと向かう。高級ホテルのスイートを確保してバカ騒ぎする4人。翌朝目覚めると、メチャクチャになった部屋の中には何故か赤ん坊と一頭の虎が。しかも、肝心のダグが行方知れずという緊急事態。ひどい二日酔いで昨夜の記憶が全くないために、自分たちの陥った状況が理解できないフィルたち。それでも、ダグは明日には結婚式を挙げなければならない身。なんとしてでも見つけなければ…。

特に有名な俳優が出てるわけでもないんだけど、クチコミで評判が伝わって
最終的にゴールデン・グローブ作品賞まで受賞しちゃった作品。
日本ではDVDスルーされるハズだったけど、異例の公開署名運動があって
劇場公開が実現しちゃったというから驚きだ!

二日後に結婚する予定のダグ。彼女の父親からオープンのベンツをもらってニコニコ。
新婦の弟、ヒゲもじゃアランは、ちと常識はずれで人付き合いが下手な男。
歯医者のステュは三年交際した彼女にプロポーズしようと計画中。
唯一の妻帯者の教師フィルは、結婚生活のストレスを発散しようとワクワク。
そんな4人が訪れたのは、背徳の街『ラスベガス』
そう、”独身さよならパーティ”で大騒ぎするにはうってつけの場所!w

4人が辿り着いたのは最高級ホテル。
そこのスウィートを予約して… って$4700って一泊のお値段!?
歯医者のステュがカードで支払わされてて、カワイソスw
部屋でおしゃれな服に着替えて、さぁカジノだ! と、その前に…
こっそりホテルの屋上に忍びこみ、ベガスの夜景をバックに4人で乾杯!
皆の結束が深まったところで、さぁお楽しみの夜だ!

…そして気がつくと翌朝。
目が醒めてみると、高級スウィートルームが酷い有様に!?
物が散乱し、ソファは焼け焦げてて、彫像は倒れ、ニワトリが歩いてる。
…ニワトリ!?
首を捻りつつ、バスルームに行くと そこには何故かトラが!?
何だこれは? 昨日いったい何があったんだ?

皆で集まるものの、肝心のダグが居ない!?
どうしよう?とあわてていると、どこからか声が?
音の源のクローゼットを開けてみると… そこには赤ん坊w
頭を抱える3人は、なんとか昨日の事を思い出そうとするけど、どうしても思い出せない。
一人ならともかく、全員記憶がないのはおかしい??
とは言うものの、何故か失踪してしまったダグを探すべく、3人は昨日の自分達の
足取りを追うのだった。
果たしてダグを見つけて、無事結婚式に間に合う事はできるのか?

いやぁ、面白い!
大爆笑できるタイプじゃないんだけど、異常な状況(トラとか赤ん坊とか)が次から
次へとでてきて、前日何をした?という謎は深まるばかりなんだけど、一つずつ
謎が解けていくから心地良い。
3人は必死に”昨日の真実”を求めて駈けずりまわり、様々なトラブルに巻き込まれ
大騒ぎしまくるロードムービー。
一応、異常な事態の”理由”が、最後には全部判明しちゃうから面白いw

う~ん、でもこんな悪友達だったら、飲み明かして馬鹿騒ぎしてみたいよねぇ。
でも歳のせいか、酔って大騒ぎする前に眠ってしまう今日この頃… (/ω\)



------------------------------------------------------------------
今日はリンク変更のお知らせですん。
以前『世界を駆ける雌狐の記録、だったらいいな』を運営していたvixenさん
新しく始めた『キツネの多目的ブログ』にリンク変更しました。

それとママジさんが運営している『ママジのモンハン☆日和』
『ママジのだららん☆日和』にブログ名が変更されました。
------------------------------------------------------------------


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/409-0ece3ede
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    QLOOKアクセス解析

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。