スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画 『アイデンティティー』 (2003年)

2010年09月27日 22:11

原題:”IDENTITY”
製作:アメリカ
監督:ジェームズ・マンゴールド

【あらすじ】
豪雨が降り続く夜、人里離れた一軒のモーテル。管理人ラリーがくつろいでいるところへ、ひとりの男が飛び込んでくる。彼、ジョージは息子ティミーを伴い、交通事故で大ケガをした妻アリスを運び込む。救助を要請しようとするが電話は不通だった。アリスをはねたのは女優キャロラインの運転手で元警官のエド。彼は助けを呼びに病院へ向け車を走らせるが、途中で立ち往生し、やむなくモーテルへ引き返すことに…。

大嵐の夜、一軒のモーテルに男が飛び込んでくる。
パンクした車を修理しようと外にでた瞬間、同乗していた妻がリムジンに轢かれたのだ。
モーテルの主人ライリーは病院に電話するも大雨の為か電話が不通。
事故を起こしたリムジンには売れない女優のキャロラインと運転手のエドが乗っていて
キャロラインがライターをよこせ!と命令した為にエドは余所見をし、結果的に事故を
起こしてしまったのだった。
エドは責任を感じ、数キロ離れた病院まで車を走らせるのであった。

コールガールのパリスは客から大金を騙し取り、オープンカーで逃走していた。
車内でバッグを開けた瞬間、荷物のハイヒールが飛び出て路上に落ちてしまった。
実は冒頭のジョージの車がパンクしたのは、このハイヒールを踏んだのが原因
しかもこの女、道が冠水していたのでUターンしようとして電柱にぶつけ、電話線を
切ってしまった。 もう諸悪の根源って感じw
結局車は立ち往生し、現場に通りかかったエドのリムジンでモーテルに引き返す。
新婚夫婦と犯人護送中の警官も冠水で足止めされ、仕方なくモーテルに宿泊する。
こうして計11人が豪雨の中、このモーテルに閉じ込められたのだ。

女優のキャロラインは携帯電話で大雨の中、何者かに呼び出された。
運転手エドが心配して探していると、乾燥機の中にキャロラインの頭部が発見された。
付近には10号室の鍵も落ちており、この部屋は護送中の殺人犯を閉じ込めていた。
慌てて10号室を確かめてみると手錠を外して逃走した後だった。
ヤツが犯人だ!と皆で捜索していると、撲殺された殺人犯の死体を発見。
付近には8号室の鍵が…。
嵐の夜、何者かに一人ずつ殺害されていってしまう。
一体犯人は誰なのだろうか?
そして驚愕の結末とは?

最初に観た時は、あまりの事に腹がたってしょうがなかったですんw
でも二回目に観直してみた時、非常に洗練されたサスペンスなんだと感じ、
至る所に伏線が張られていた事に気が付きました。
二転三転するストーリーに驚くべき結末と、観る前に予備知識を入れてしまうと
まったく面白くなくなるタイプの作品です。
素直に「やられた… (/ω\)」と思ってくださいねw

そうそう、一つヒントというか謎掛けを。
名探偵シャーロック・ホームズでは、この事件の真相には辿り着きません。
むしろ助手のワトソン博士の方が真実に迫れると思いますよ?w


コメント

  1. ぎんすけ | URL | -

    Re: 本日の映画 『アイデンティティー』 (2003年)

    一瞬そして誰もいなくなった・・・を想像してしまった
    推理サスペンスは好きなんだが、最近はその手の映画少なくなったなぁ
    この前見たシャーロック・ホームズもなんかアクション映画っぽくなってたし・・・
    最近はクリスティ物の映画化が無くてさびしい

    あ、史上最高の推理サスペンスはもちろんシベリ(ゲフンッゲフンッ

  2. じぇす太 | URL | -

    Re: Re: 本日の映画 『アイデンティティー』 (2003年)

    > ぎんすけ
    まさにアガサ・クリスティって感じだったよ。
    最近は推理サスペンスよりも、ラストのドンデン返しを売りにしてる映画が多い
    からねぇ。
    そっちの方がインパクトはあるよね?
    シベリア… 水野… (´・ω・`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/320-72373784
この記事へのトラックバック


最新記事

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。