スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画 『バットマン/オリジナルムービー』 (1966年)

2010年06月19日 14:44

原題:”BATMAN”
制作:アメリカ
監督:レスリー・H・マーティンソン

【あらすじ】
かつてゴッサム・シティを恐怖に陥れた悪の天才たち、ペンギン、キャットウーマン、ジョーカー、ナゾラーが連合軍を組んだ。
それを知った市長は、夜空にサーチライトを投射し、バットマンの出動を要請する……。

正体を隠し、表の顔に葛藤しながらもゴッサムシティの正義を守る、アメコミ界の
ダークヒーロー、バットマン。
1989年に公開されたティムバートン監督の「バットマン」は、少なくともその辺は原作に
忠実だった。
しかし1960年代のバットマンTVシリーズは、明るくポップでスラップスティックな作品。
しかもその作風をそのままに、映画化しちゃったのが本作品。

バットマンの悪役勢揃いなんだけど、皆マヌケで頭悪いw
バットマンは、安っぽい灰色タイツでナヨナヨしてて頼りないw
ロビンは思い込みが激しいけど、この中では一番の常識人かw
そんな登場人物が繰り広げるドタバタアクションコメディ、最高です!

航行中のタンカーからSOSを受け、空港にサイドカーで急ぐバットマン。
空港に着くや否やサイドカーを分離! もちろん、意味はなしw
空港で乗り換えたのは「バットコプター」。ヘリコプターにコウモリの羽、生えてますw

目的のタンカーの上空で操縦をロビンに任せ、バットマンは縄梯子でタンカーへ。
と、その瞬間!目の前からタンカーの姿は消え失せバットマンは海の中へ。
どうやらタンカーはホログラフィーで、これは悪者達の罠だった様子。
「はやく上げるんだ!」  バットマンはロビンに指示し、バットコプターは上昇。
縄梯子に捕まって海から上がったバットマン、なんと足に大きなサメが食いついてる!
「例のものを早く!」  ロビンは自動操縦に切り替え、緊急箱からスプレーを取り出す。
それには大きく「サメ撃退スプレー」と書かれている。
そしてサメに向かって、それをシュッ!  めでたし、めでたしw

時限爆弾を発見したバットマン、ここでは爆発させられないと爆弾抱えて走り出す。
別の場所で爆弾を投げ捨てようとした先には、何とカップルが!
またバットマンは走り出す!
別の場所で爆弾を投げ捨てようとした先には、何とベビーカーの赤ん坊が!
またまたバットマンは走り出す!
それなら海だと爆弾を投げ込もうとするも、何と水鳥が!
またまたまたバットマンは走り出す!w

悪者達の企む陰謀は人間を粉末にしてしまう装置で、首脳会談に訪れた各国の
首脳を粉末にしちゃおうって無理な作戦なんだけど、対するバットマン陣営は
本当に防ぐ気があるのか疑問に思ってしまう程の頼りなさw
驚愕のエンディングはこの映画の全てを現していると思いますw

もうね、ツッコミ疲れますよ?w
すっごく楽しいこの映画、初見は日曜昼間の地上波だっけか?
出かける準備をしながら何となく見てたTVで放映してたんだけど、序盤から
惹きつけられまくって、外出やめて最後まで見ようかと悩んだ程ですんw
今ならきっとDVDが1000円未満で売ってると思うので、お試しあれ♪


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/281-f5600396
    この記事へのトラックバック


    最新記事

    QLOOKアクセス解析

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。