スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画 『ビハインド・ザ・マスク』 (2006年)

2010年01月09日 19:22

原題:”BEHIND THE MASK:THE RISE OF LESLIE VERNON”
制作:アメリカ
監督:スコット・グロサーマン

【あらすじ】
巷で噂の”仮面男”のドキュメンタリーを撮影するビデオクルーは、犯人と思しき青年に密着取材を試みる。
青年の普段の生活を見たクルーは、彼が殺人鬼だとは信じていなかったが…。

クリスタルレイクで起こったジェイソン・ボーヒーズによる虐殺事件。
エルム街で起こったフレディ・クルーガーによる虐殺事件。
ハロウィンの晩に起こったマイケル・マイヤーズによる虐殺事件。
これらに次ぐ新たなる惨殺事件が、ここメリーランド州で起きるとの情報がありました。


冒頭で女性レポーター・テイラーはこのように語り、ある青年への密着取材が始まります。
その青年の名は、レスリー・ヴァーノン
彼は幼い頃から虐待を受け続けた両親を殺害、怒った町の人達によって滝に落とされて
しまうという過去
を持つらしい。
彼を死んだものと思い込んでいる町の人に復讐をする為、彼は自身の誕生日に復活し、
先輩殺人鬼であるジェイソンやフレディ同様、街の人を恐怖に陥れる計画だと。

そうインタビューに答えるレスリー君、妙にニコヤカな好青年w
しかもヒョロヒョロのもやしっ子なんで、ジェイソンのようにはなれないんじゃ!?
しかし「13日の金曜日」、「エルム街の悪夢」、「ハロウィン」等の事件が実際に
起こっているって設定は面白いですん。

序盤は彼がいかに準備を周到にやってきたかをクルーが密着取材を行うという
POV(主観ショット)で撮影され、いかにもドキュメントって感じだに。
これはブレアウィッチやクロバーフィールドなんかで使われてるんだけど、画面が揺れて
スッゴイ見にくい
のが難点。 だけどこの映画はそこまで酷くないので安心安心。

「被害者が逃げるこの迷路のような庭、1年かけて作ったんだ」
「体力つけないといけない。 もちろん音もなく被害者を追いかけるためにね」
「納屋にはわざと武器を用意しておくんだ。 ただし壊れやすくしてね」

得意げに今回の計画の詳細を語るレスリー君は、本当に生き生きとしてますんw
なかには『魔術師の選択』の原理を使って、被害者をいかに希望する場所に逃げる
ように差し向けるか?なんてのもあって、ホラーファンにはニヤリとする内容ですなw

途中で出てくる図書館の職員役の小さいオバチャン。どこかで見たことあるなぁって
思ってたら、ポルターガイストに出てきた霊媒師役の人だ!
この人、”子供のようなカワイイ声”を出すオバチャンなんで覚えてたよw
レスリーの担当だった精神科医役でロバート・イングランドが出演してるのも面白い。

そんなこんなで準備も完了。
予定通り彼の誕生日に、廃墟となった彼の生家に集まる頭の弱そうな若者たちw
これから惨劇が繰り広げられるとも知らずに…
「今までありがとう。 もう感無量だよ。 今夜、ボクは伝説になるんだ」
感極まり、涙ぐみながらクルーと握手するレスリー君。
自作の仮面をかぶり、手には鎌を持って家に乗り込んで行きます。
いやいやヤバイから!w
やっぱり彼を止めよう!と改心したクルー達、家に乗り込み若者に危険を知らせます。
しかし、彼から聞いていた”計画”と違っている事が判明。
これはいったいどういう事なのか? 彼を止める事はできるのか?

前半のドキュメント部分と後半の実行日の出来事の部分で、ガラリと雰囲気の変わる
映画ですん。
前半は明るくコメディタッチなんだけど、後半はやっぱり”ホラー”なんだと主張する。
しかも意外なドンデン返しも用意されてて、サービス満点!
残念なのは前半のドキュメント部分。 これが冗長すぎて少し中だるみしちゃう。
せっかく後半、すっごい面白いのになぅ。

そうそう、これホラーを題材にしてるけど、全然グロいシーンは無いので安心して
誰でも鑑賞可能ですんw


コメント

  1. m.ange | URL | -

    こんにちわ^^

    この映画見てみたいですね^^
    あまりグロすぎてもどうかと思うけど、ソウ6見てしまったんですねi-183
    あのグロサはほんとどうかと思うi-237

    「ジェイソン」や「フレディ」とかの殺人鬼が妙にかわいく見えたりして・・・^^;
    そういえば、ジェイソンvsフレディってありましたよね・・・。

  2. じぇす太 | URL | -

    Re: こんにちわ^^

    > m.angeさん
    ソウ6、自分はまだ見てないですよ~
    レンタルが出るまではガマン、ガマン。

    ジェイソンVSフレディ… かなり面白いホラーでしたよ。
    無口なジェイソンと軽口を叩くフレディがいい味を出しててw
    13金やエルム街を見れるなら、多分大丈夫なグロさです。

  3. ぎんすけ | URL | -

    Re: 本日の映画 『ビハインド・ザ・マスク』 (2006年)

    グロなしか・・・
    しょうがない見てやるか(´∀`)

  4. じぇす太 | URL | -

    Re: Re: 本日の映画 『ビハインド・ザ・マスク』 (2006年)

    > ぎんすけ
    全然グロくないよ。
    どうやら制作会社が普段はコメディなんかのDVD作ってる会社で
    人が殺されるシーンもほとんどなかったしw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/214-75e71a8f
この記事へのトラックバック


最新記事

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。