スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画 『レベル・サーティーン』 (2006年)

2009年10月27日 21:37

原題:”13”
制作:タイ
監督:マシュー・チュー・キアット・サックヴィーラクル

【あらすじ】
バンコクの楽器会社に勤めるセールスマンのプチットは、ある日突然解雇されてしまう。お金に困り、途方に暮れているところに、彼の携帯電話が鳴り出す。電話の主は、プチットが幸運にも、13のレベルをクリアすると最大3億円が獲得できるゲームの参加者に選ばれた、と説明する。戸惑いつつも、挑戦すると答えたプチット。そんな彼に課された最初のゲームは、目の前の蝿を叩き落とすこと。半信半疑でそれを実行したプチットだったが、その直後、携帯電話に銀行口座の入金メールが。破産の危機に直面していたプチットは、不安を感じつつも残るレベルを一つひとつクリアしていくのだが…。
 
眼鏡でガリガリでハーフ?なプチット君、同僚に顧客を奪われてしまうほどの情けない
楽器のセールスマン。
成績不振を理由に解雇され、借金だけが残るという絶望の淵にいた時に
「ゲームをクリアして大金を手に入れ、あなたの問題を解決しませんか?」
という甘~い誘いがが。

「ハエを叩き落とせ」「子供を3人泣かせろ」等、冗談のような指示に従うと、口座に
大金が振り込まれる。
これに気を良くしたプチット君、次々クリアしていきますが、指示の内容は次第に
エスカレートしていきますん。 もうダメだ、これ以上はやれないと思うと
「ここで辞めると今まで振り込んだお金も回収されますが、よろしいですか?」

ずるいよね~w 本当に困ってる人ならやめれるわけないよ~
小さなイタズラみたいだった指示が、レベルアップする度に犯罪のような事まで
やらされちゃいます。
しかし完全に吹っ切れたプチット君は狂気に囚われたかのようにクリアしていきますん。
そしてついにむかえた「レベル13」
最後の指示とはいったい? プチット君は勝利し大金を手に入れる事が出来るのか?

いやいや、なかなかスリリングなサスペンスですよ。
でも賞金がバーツだから良くわからなかったな。 ふむふむ、1バーツ=2.7円かぁ。
気弱で情けない主人公が、だんだんと壊れていく様は怖いねぇ。
うん、北野武監督作品に似てるって言われるのも、なんとなくわかる感じ。
タイのホラーやサスペンスって日本に近い感覚がするね。
誰かが言ってたけど、「後ろにイヤな気配がして振り向くとモンスターがいるのが
ハリウッド映画、振り向いて誰もいないのが日本映画」
って感じ?
その「日本の映画のワビサビw」が垣間見えるような気がするね。

売りである「ゲーム」なんだけど、レベル5が鬼門です。 レベル5が鬼門なんです。
大切な事なので、二回言いましたよ?
お食事しながら見ていたワタクシは、悲鳴をあげましたんw
『ちとグロい』のマークは、精神的にキツイ描写がある為、つけちゃいました。
でもここを乗り切れば免疫が出来たも同然。 あとはゆっくりお楽しみくださいなw

細かい矛盾点や設定の甘さはかなりあるんだけれど、ラストにつながるまでの
シナリオは見事だし、主人公の演技力もかなりなものでグイグイ惹きこまれます。
そう、この映画の「ある部分」を超えることが出来たなら、ラストまで堪能できますよw
ぜひ、チャレンジしてみてくださいな~


-----------------------------------------------
リンク追加のお知らせですん。
Nikoさん『♪バニラきぶん♪』とリンクさせてもらいました。
3鯖で活躍されてる方で、リアルは美容師の卵さんみたいです。
こっそり先輩のKonさんが勝手にブログ更新したりするので油断できませんw
お二人で仲良くMHFをやられてるようで、拝見していてとても楽しいです。
-----------------------------------------------


コメント

  1. ぎんすけ | URL | -

    Re: 本日の映画 『レベル・サーティーン』 (2006年)

    >、レベル5が鬼門です。 レベル5が鬼門なんです

    ま~たそうやって煽る~(´・ω・ `)
    グロ耐性無いのに見たくなっちゃうじゃないかー

  2. じぇす太 | URL | -

    Re: Re: 本日の映画 『レベル・サーティーン』 (2006年)

    > ぎんすけ
    う~ん、グロいっていうか、精神的にきついシーンがあるのよ。
    食事中で油断してたからインパクトでかかったんだよねw

  3. たこえ | URL | -

    Re: 本日の映画 『レベル・サーティーン』 (2006年)

    おもしろそうだな~これ
    ちょっと気分を選びそうだけどもw
    13って数字がザメッティーを思い出したが
    貧乏 青年 ギャンブルっていろいろネタがありそうだね
    これってリメイクされるって本当?

  4. じぇす太 | URL | -

    Re: Re: 本日の映画 『レベル・サーティーン』 (2006年)

    > たこえっち
    タイ語なんだけど、主人公がハーフだからタイ人っぽくないんだ。
    しかもヒロインなんか男っぽくてカワイクないしw
    リメイクされるんだ?知らなかった。
    でもハリウッド映画にしやすい映画かも知れないね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/178-60fda0b4
この記事へのトラックバック


最新記事

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。