スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画 『痩せゆく男』 (1996年)

2009年08月02日 11:26

原題:”THINNER”
制作:アメリカ
監督:トム・ホランド

【あらすじ】
ジプシーの老婆を轢き殺してしまった弁護士ビリーは、警察署長、判事と共に事件をもみ消す。だがビリーのもとにジプシーの長老が訪れて、彼に痩せてゆくと告げて去って行く。次の日から、その言葉通りにみるみるビリーは痩せて行き……。

スティーブン・キング原作の映画化にしては割とまともな作品。
きっと”怪物”やら”宇宙人”が出てこなくて、ヒューマンドラマ主体の映画だった事が
成功の秘訣かも。

主題の「ジプシーの呪い」ってのは結構他の作品でも扱われる事が多いんだけど
やっぱり白人にとって有色人種は未知の部分を持ってるイメージがあるのかな?
クライブ・パーカーの小説にも原住民の呪いによって酷い目にあうものがあるけど
あっちは映像化するとかなりなスプラッタになるからなぅw

体重135キロのビリーはダイエットしてるにもかかわらず成果があがらない。
しかしジプシーの呪いを受けるとあら不思議! みるみる体重が落ちる!
最初は喜んでた彼だけど、異様なペースで落ちる体重に不安になる。
大量に食べる事で対抗しようとするけど、やはり体重は減り続ける。
「毎日1万7千キロカロリー食っても体重が落ちるんだ!」は名言w
世のダイエットしてる人から刺されそうですにぃw

呪いをといてもらおうと長老に懇願するも拒否。
追い詰められたビリーは次第に狂気にとらわれていく…。
見た目が巨漢からガリガリに変化するのもスゴイんだけど、人の内面が変化する様
を明確に描ききったのは見事! それだけで面白いですん。
そしてラストの落ちは小説っぽい感じで、静かな余韻にひたれますん。

なんでマフィアのボスが部下も連れず一人ぼっちで協力してるん?
なんで娘が大変な事になったのにあまり悲しまないん?
等々、突っ込みどころも満載だけど、十分楽しめるサスペンスですん。

誰か「いい感じに痩せる」って呪いかけてくれないかなぁ… (´・ω・`)


コメント

  1. ぎんすけ | URL | -

    Re: 本日の映画 『痩せゆく男』 (1996年)

    >誰か「いい感じに痩せる」って呪いかけてくれないかなぁ… (´・ω・`)

    下半身だけ痩せて上半身は太る呪いかけといた(`・ω・´)b

  2. じぇす太 | URL | -

    Re: Re: 本日の映画 『痩せゆく男』 (1996年)

    > 下半身だけ痩せて上半身は太る呪いかけといた(`・ω・´)b
    やったー!逆三角形じゃん!
    ではお礼に上半身は痩せて下半身が太る呪いかけておいた (`・ω・)b

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jester99.blog23.fc2.com/tb.php/128-4ed4743d
この記事へのトラックバック


最新記事

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。