スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の映画 『1941』 (1979年)

2009年02月01日 22:13

原題:”1941”
制作:アメリカ
監督:スティーブン・スピルバーグ

【あらすじ】
真珠湾攻撃直後のカリフォルニア沖に突如浮上する大日本帝国潜水艦。ただの田舎町をハリウッドと勘違いした潜水艦が攻撃を決定したことから、陸の米軍と住民たちの大騒動が始まる。

「ジョーズ」・「未知との遭遇」と連続ヒットを飛ばしたスピルバーグ監督の初コメディとあって
かなりの注目作であったが、興行的には大失敗したという作品。
制作費を湯水のように注ぎ込んだ駄作、スピルバーグの幼児性が顕著に現れた作品等・・。
映画評論家の評価は手厳しいんだけど、じぇす太は「面白い!!」と断言しますん。

普通、これだけの豪華キャストが好き放題に暴れまくるハチャメチャな映画撮れないよ!?
ましてやジョーズだの激突だのサスペンス監督のレッテル貼られた状態でさ。
ジョン・ベルーシー&ダン・エイクロイド、クリストファー・リー、ロレイン・ゲイリー達大物俳優が
与えられた役を本当に生き生きと演じていますんよ。

昨今の第二次大戦を舞台にした映画って、片方に肩入れした視点で描かれやすいもの。
(真珠湾の日本軍が悪いとか、原爆落としたアメリカ軍が悪いとか・・)
でもこの映画って攻め込んできた日本&ドイツ軍はどこかマヌケ。でもね迎え撃つアメリカ軍も
やっぱりマヌケ。み~んなマヌケだからこんな大騒ぎになっちゃいました!って感じ。
変に説教臭くなく、ストーリーを追うだけでも楽しく、細かいパロディを観察してればもっと楽しい
そんな映画ですよぅ。

黒歴史だったらしく、永らくDVD化されてなかったんだけど、最近されたらしいと情報をキャッチ。
うん、買っちゃおうw
スポンサーサイト


最新記事

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。