スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~27時間目~

2012年10月08日 22:29

 やぁ、みんな!
 慈江須太先生だよ!

 やっと全身に生えたコナマキダケの除去が
 終わったけど、なんだか痩せちゃったよ。

 でも、大丈夫!
 あーんな疑問や、こーんな謎も
 全部先生におまかせだ!

今日は、「みはるん」ちゃんからもらったお手紙を紹介しよう。

「慈江須太先生、いつも楽しみにしています。
 どうやったら先生のように独創的な調査ができるのですか?
 ぜひ、教えて下さい。」

なるほど。みはるんちゃんも将来は王立書士隊を目指しているんだね。
じゃぁ先達として、調査のポイントについて今日はレクチャーしちゃおう。


まずは、お題。


やはり、今が旬の「オディバトラス」について調査をしてみよう。

こいつは最近発見されたばかりモンスで、基本的な生態調査がまだ完了していない。
その為、本格的な狩猟解禁はもう少し先になるんだけど、その生態が記録された映像がこちら。




調査することにおいて、まず一番大切なのは『観察すること』
調査対象を念入りに観察し、”気になる部分”というものを見つけよう!
こればかりは経験がものを言う部分なので、何度も何度もくり返し観察してみるといい。

たとえば、まず先生が気になったのはコレ。



 オディバトラスの”歯”

 今までのモンスは、全般的にが生えていた
 けれども、こいつの歯は牙じゃない。

 なんだか違和感を感じるし、そうなった秘密が
 なにかありそうだよね?


次のステップは、『考えること』
気になった事に関して、何が気になるのか? どうしてそうなったのか?
という事を、自身の経験や文献に照らし合わせて考えてみよう。

オディバトラスの歯は、全体的に平たい臼のような形状だね。
これは言わずとも知れた”草食動物の歯”だという事だよ。
つまりはオディバトラスはその巨体にも関わらず、草食動物だという結論になるんだ。


最後のステップは、『検証すること』
自分が出した結論について、見落としや問題がないかを再度考えてみるんだ。
ひとりよがりな結論では、他の人を納得させられない事に気をつけよう。

オディバトラスが草食動物だとして、生息地は”砂漠”
あの巨体を維持できるだけの植物が生えているとは思えないよね?
では草食動物でもないのに、あんな歯の形状をしているのはナゼか?
・・・答えは、先発調査隊の報告書にあった。
「オディバトラスはその体躯からも想像できるように、非情に貪食である。
 食料を確保するため、獲物周辺の岩屋建造物されも見境なく捕食し、~」
つまりは、雑食性なんだけど周囲の岩等も同時に食べちゃうから、砕きすり潰す歯の形状
しているんだね!


・・・という手順で調査を行えば、必ずや良い調査報告書が作成できるよ。
さて、せっかくだから他にも気になることを調査してみよう。




やはり一番気になるのは、この『砂弾攻撃』
体内の砂を固めて、背中の穴から撃ちだす攻撃らしいんだ。
一体全体、どういう仕組で飛ばしているんだろう?





 昔の文献にオディバトラスの幼生と思われる
 スケッチが残っていた。

 体つきなんかから子供時代のオディバトラス
 だと見て間違いなさそうなんだけど、背中には
 なにやらヘビーボウガンのようなものが
 付いているね?

 ふむ、これは人工的なキメラなのかも知れない。
 おそらくオディバトラスの砂弾は、これとは
 違う仕組みで発射されていると思われるね。


では、一体どうやって飛ばしているのだろう?
一般的に何か飛ばそうと思ったら、手を使うか息で吹き飛ばすか・・・
・・・・吹き飛ばす? もしかして!





 イルカは皆知ってるよね?
  彼らは頭部に呼吸用の穴が開いていて、
 口では呼吸しないんだ。

 水面で呼吸するにはこの方が都合がいいから
 なんだけど、呼吸時にはものすごい勢いで
 穴に溜まった水を吹き出す!

もう、わかったよね?
オディバトラスの背中の穴は呼吸用で、そこに溜まった砂を噴き出しているんだ!
つまりは・・・ 言いにくいけど・・・ あれ、ハナ○ソだね・・・
もしかしたらババコンガのウン○攻撃みたいに経口アイテム使用不可になるかもしれないね。
もし砂弾をくらったハンターがいたら、ちゃんと慰めてあげないといけないよ?


しかし、オディバトラスも面白そうなモンスだよね。



・・・おや?
こ・・・これは!



 まさか、『デザート プリン』??

 古文書に記載のあった、伝説の食べ物なんだ!
 ”デザート”(砂漠)だから、間違いない!

 こ・・・こんなところで出会えるなんて!







 こ、こうしちゃいられない!

 あの伝説の”デザート プリン”を入手して
 一攫千金だ!





 うぉぉぉぉぉぉ!







 ・・・・・・・・・



【お断り】
慈江須太先生が砂漠で消息を断った為、次回連載時期は未定です。
スポンサーサイト

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~26時間目~

2012年07月18日 00:08

 やぁ、みんな!
 慈江須太先生だよ!

 いやぁ、ジンオウガの電撃は強力だったよ!
 先生、一時心肺停止だったらしいよ?

 だけど、大丈夫!
 あーんな疑問や、こーんな謎も
 全部、先生におまかせだ!


さて、本日のお題はこちら!
「タイクンザムザ、変すぎ! なんで厚着してるの?」





 確かに、タイクンザムザは本体の上に
 更に2枚の外装をまとっているよね。

 これは今までの甲殻種には無かった
 特徴だね。
 でも、ここまで厚着しているのは、いったい
 なぜなんだろう?

外装をたくさん身にまとっている理由。
普通に考えれば、防御力を高める為だよね。

本体を守るように全身に外装をまとっていれば、それだけ本体へのダメージは軽減される。
これが3層にもなれば、かなりのダメージを減らせる事になるよね。



 また、一番外側にある外装は岩塊だし
 さらにコナマキダケを付着させる事によって
 擬態の効果も期待できる。

 そう、身を守る一番の方法である
 「トラブルに巻き込まれない」ってのを
 実践してるんだよね。


だけど、ちょっと待って欲しい。
一番外側の外装は擬態には適してるんだけど、あまりに弱すぎるよね?
どんな武器を使ってもちょっと突いただけで、ボロボロろ剥がれちゃうんだ。
これでは、防御力の向上なんて期待できないよね。

また第二層のオレンジ色の外装なんだけど、あれは構造上の問題があるんだ。
甲殻種は言わずと知れた、外骨格の構造をしている。
いわゆる外側が硬い骨格で、内側に筋肉なんかが格納されているヤツだね。
だけど外骨格が故に二重構造にできない部分があるんだ。
そう、「関節」なんだね。

外骨格は防御力では優秀なんだけど、関節等の自由度はかなり低い。
本体とオレンジ外装共に同じ場所に関節があるとするならば、その関節は動けないんだ。



図のように、外殻・内殻二つの関節部分を重ねて配置してみる。
この状況下で関節を曲げると、外殻に押されて内殻が体にめり込んでしまう!
体にめり込む余裕がない場合、そもそも関節が曲がらないという事になる。
だから二重の硬い殻に覆われたタイクンザムザの関節は、動けない事になるんだ。

だけど現実にはオレンジ色の外装になっても、タイクンザムザは自由に動き回っている
この事実から導き出される答えは一つ。
オレンジ色の外装は、ウェットスーツみたいに柔らかい素材で出来ているという事なんだ!
オレンジが柔らかい素材だから、自由に関節が曲げられる。
しかし柔らかいが故に、防御力アップには繋がらない
むむむ? 防御力アップできないなら何故二層もの厚着をしているんだろうね。


先生、潮島の事を色々調べてみて、気がついた事があるんだ。
それはタイクンザムザが生息する洞窟の環境



 時々、コナマキダケが胞子を撒き散らして
 目の前が見えなくなる事があるよね?

 この状況下でオレンジ外装で出歩いていたら
 あっという間に体表が菌糸に侵食されてしまう。
 だから岩塊を身にまとって、その上に菌糸が
 付着するようにして、体を守っているんだね。



 岩塊が剥がされオレンジ色の外殻があらわに
 なると、床を破壊して一階層下に移動する。

 この場所ではコナマキダケは生息していない。
 つまり、オレンジ外殻がむき出しでも菌糸に
 侵食される事がない
んだね。
 うんうん、安心安心♪


では薄っぺらいオレンジの外殻は、いったい何の為に身にまとっているのだろう?
防御力という点では、あまり期待できないにも関わらず・・・

ところで、みんなは”カニ”がどうやって呼吸しているか、知っているかい?
一部の陸カニを除いて、全てのカニが実は「エラ呼吸」しているんだ。



水中では普通にエラ呼吸できるけど、地上ではいったいどうやってエラ呼吸してるんだろう?
実はカニは以下の方法で、エラ呼吸のくせに地上でも活動できているんだ。

①.口付近にある「出水管」から体内の水を吐き出し、体表を伝わせる事で空気中の酸素を
   水の中に取り込む。
②.流れ出た水は、「取水管」から回収して体内のエラに送られて酸素を体内に取り込む。
③.①に戻る。

ちなみに体内の水を再利用してるんだけど、繰り返し使ってると水の粘度が高くなってしまう。
この状態で水を吐くと「泡」になってしまうんだね。
だから泡を吹いているカニは、水分が少なくなって非常にピンチ!って事になるんだ。


タイクンザムザも同様の原理で、地上でもエラ呼吸していると仮定したらどうだろう?
体表に水を流していたら、潮島の洞窟ではあっという間にコナマキダケの胞子だらけ
になってしまう。
この水を体内に取り込んでエラに送ると、最悪の場合エラでコナマキダケが発生して
この結果、タイクンザムザは窒息死してしまうだろう。

そこで登場するのが、ペラペラのオレンジ外殻
これが一種のフィルターの役割をしてくれるから、体に流した水に胞子が混じったとしても
綺麗な水を体内に取り込む事ができるんだ!


そしてタイクンザムザが本気になった時、胞子の影響のない更に一階層下に移動して


 

オレンジの外殻を電撃で引き裂いて、本体が現れるんだね。
まるで北斗の拳のケンシロウが、筋肉の膨張で革ジャンを引き裂くみたいだねw


タイクンザムザがあれだけの外装を身にまとっているのは、防御力を高めるわけではなくて
あのコナマキダケの胞子舞う洞窟で生活する為の知恵だったんだね。

だけど、あんな何もない洞窟で、いったい何を食べてるんだろう?
コナマキダケくらいしか生えてないんだけど・・・
もしかして、コナマキダケって栄養満点の夢の食材なのじゃないかな?
潮島の探索は進んでないし、コナマキダケの効用に気がついてるのは先生だけ。
こ・・・これは、もしかしてビジネスチャンスだよ!?







 これがコナマキダケか。

 よ~し、よし!
 今の内に集められるだけ集めて・・・




 ボフッ!

 あ・・・



【お断り】
慈江須太先生が全身にキノコが生えた状態で発見され、しかるべき研究機関に
収容されてしまった為、次回連載時期は未定です。

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~25時間目~

2012年04月29日 23:38

 やぁ、みんな!
 慈江須太先生だよ!

 アカネコファイブの一員として、巨悪と戦い
 正義を守っていたため、しばらく留守だった
 んだ。
 でも悪は滅んだから、大丈夫!

 あーんな疑問や、こーんな謎も
 全部、先生におまかせだ!


さて、本日のお題はこちら!

「ジンオウガって不思議!本当に虫と友達なの?」

元々は霊峰に生息していたけど、突如ユクモ村に現れたモンス。
その神々しい姿のモンスは、かなり特殊な性質をもっているらしいんだ。

最近、獣竜種や海竜種などが発見されているメゼポルタにも、ジンオウガのような
新しい特異モンスが現れる可能性は高いね。
近い将来の危機の為、本日はこのモンスについて調査してみようと思う。



【ジンオウガ】
突如ユクモ地方に訪れ、多くのハンターがジンオウガに戦いを挑んだが、
圧倒的なパワーとスピードで、悉く返り討ちにされてしまった。
この事から、一時は「人間の勝てる相手ではない」と言われ、無双の狩人という
異名を持つようになった。

牙竜種という新しい種族で、見た目の通り素早く強力な攻撃を行うらしい。
それだけじゃなく、特筆すべきがこちらの攻撃方法。

「ジンオウガは強力な放電や強靭に発達した四肢、尻尾などを武器にし、ハンターを
 攻撃してくる。
 その放電は雷光虫によるもので、戦闘中に光を集めているのはそれである。」

つまり、ジンオウガは雷攻撃を行うんだけど、フルフルやベルキュロスのように
自身で発電しているのではないというんだ。



自分の体に大量の雷光虫を集め、その発電を利用して攻撃しているらしいんだ!

一説によると、雷光虫は捕食を逃れるため捕食者の天敵であるジンオウガに集まり、
身を守ってもらっている。
ジンオウガは集まってきた雷光虫の力を借り、雷攻撃を行なっている。
この巨大なモンスが、ちっぽけな虫と共生しているなんて驚きだ!


だけど先生、この『雷攻撃』について少し疑問があるんだ。

【デンキウナギ】



 電気を発生させる生物で有名なのが
 このデンキウナギ。
 瞬間的とはいえ600~800V
 発電を行う事ができるんだ。

 発電を行うメカニズムは、体の80%を
 占める”発電板”。
 数千個ある発電板が、一斉に発電する事で
 大量の電気を放出できるんだ。

発電板は全てが同じ向きに並んでおり、デンキウナギ自身が一つの”電池”のような
構造となっている。
その為、頭側がプラス極、尻尾側がマイナス極になっているんだ。





 電気を放出する以上、雷光虫も
 体のいずれかがプラス極、マイナス極に
 なっていると考えられる。

 そう、とても小さな電池だと思えばいい。

 一匹の電気は小さいけれども、大量の
 雷光虫が集まることで、ジンオウガは
 強力な雷攻撃を行える。

だけど、雷光虫を身にまとい大量の電気を発生させるのは、実は難しいんだ。



 雷光虫を電池と考えるならば、
 直列に整列してくれれば強力なんだ。

 例えば1匹が1Vの電気を出すならば
 図のように3匹が整列すれば3倍の
 3V
が発生する。

 100匹なら100V、1000匹なら1000V!
 これは強力だ!



 だけどうっかり隣どおしになって並列に
 並ぶと、何匹だろうと1V

 頭の向きがバラバラだったりしたら、
 そもそも発電できるかどうかも怪しい。

 つまり、何百匹いるのかわからないけど
 雷光虫を直列に整列させ、発電しない
 事には強力な電気は得られないんだ。

自分の体中にいる雷光虫を、一糸乱れぬ隊列で整列させ続ける。
もちろん、ジンオウガが素早い攻撃をしている最中も、隊列を乱すことは許されない。
このような統制は”虫”には無理だし、ジンオウガのスピードに物理的に耐えられる
雷光虫も少ないだろう。

つまり、”雷光虫による発電は攻撃には使いにくい”という事になるんだ。


だけどジンオウガが体に雷光虫をつけているのには、他に理由があるんじゃないかな?

電気を利用… はっ!? そうか!




 ジンオウガの皮膚は電気を通さない
 絶縁体でできていると思われる。

 そうでなければ感電しちゃうからね。

 だけどこの皮膚が、電気を通す性質に
 自由に変化できるとしたらどうだろう?



 電気を通したい部分の皮膚を絶縁体
 から変化させると、体内にまで電気が
 流れこんでくる。
 すると、その下にある筋肉はその電気で
 激しく収縮する事となる。

 意識下にある時は、筋肉の収縮力は
 無意識にセーブされている。
 しかし、この場合は別。
 最大限の筋力が得られるだろう。

もう、わかったよね?
腕、足、顎、尻尾等の攻撃に使用する筋肉を、この方法で強化しているとしたら
ジンオウガのずば抜けたスピードや攻撃力も納得できるね。

ジンオウガは雷光虫を身にまとい、その雷を利用してドーピングをしていたんだ!
これには先生もビックリだよ!







 そういえば「ムツゴロウ氏」が
 ベルキュロスを手なずけていたね。

 先生も、同じ探求者としては
 負けてはいられないね!

 よーし、よし!
 いい子だ♪





 よーし、よ…




【お断り】
慈江須太先生が大怪我で入院したので、次回連載時期は未定です。

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~24時間目~

2011年11月30日 23:59

 やぁ、みんな!
 慈江須太先生だよ!

 育毛剤『ふさふさドラゴン』が販売好調で
 先生、衣装を新調しちゃったよ。
 世の中には効果を不信がってる人も
 居るけど、大丈夫!

 あーんな疑問や、こーんな謎も
 全部、先生におまかせだ!


さて、本日のお題は…
と言いたいところだけど、今回は特別授業

それはなぜかと言うと…



 それは、この人!

 高名な生物学者『ムツ=ゴ=ロウ』氏が
 モンスターの生態を解説しているビデオ
 を入手したんだ。

 今回はそのビデオを皆で見ようと
 思っているんだよ。


さて、それでは一緒にビデオを見てみよう!

【ボクの好きなモンスタースペシャルムービー】



さすがは、伝説の生物学者!

 

それぞれのモンスの特徴を丁寧に解説してくれてるね。
しかも、あのベッキーすら手懐けてるみたいで、驚きだ!

むむむ?





 背中の棘で空気中のイオンを吸収
 しているだって??

 そ…それは知らなかった!
 ベッキーは体内発電だけではなく、
 空気中のイオンからも電気を供給して
 もらっているのか。

 だけど… それは大変な事だよ?


【イオンとは?】





 ものすごく簡略化して説明すると、
 プラス男くんマイナス女ちゃん
 いつも仲良し。
 超リア充なので、決して離れる事は
 ないんだね。

 これが安定している状態なんだ。



 この二人に”何らかの力”が働いて、
 無理やり分けられてしまった状態。
 これが「イオン化」
 分離時に電子を放出した方が陰イオン
 受け取った方が陽イオン

 とても不安定で、隙があればまた
 すぐにひっついてしまうんだ。

ビデオ中の氏の説明では、「大気中のイオン」となっていたよね。
気体がイオン化する現象として、有名なのものは”プラズマ”
北極の「オーロラ」なんかが、これの一種だよね。
ベッキーは峡谷の大気中にある、このイオンを取り込んでいるんだね。

だけど、ここで問題があるんだ。
イオン化するための”何らかの力”が何なのか?という事だよ。

通常であればイオン化するには、放電や加熱する必要がある。
だけど峡谷のような場所では、それらの外的要因がないのではないだろうか?
だとすれば、イオン化なぞできず、氏がウソをついていた事になる…
そんなハズは… はっ、そうか!


峡谷の特徴と言えば、突風だね。
この突風がものすごく強くなったらどうだろう?
物体の速度が早くなればなるほど、温度が上昇するんだ。
音速を超える当たりで、今度は衝撃波が発生する事になる。
いわゆる「ソニックブーム」ってやつだね。

イオン化するのにそこまでの速度はいらないとは思うけど、一応計算してみると
なんと約風速310m/S



 台風ですら風速40mで飛ばされそうに
 なるのに、310m!

 きっと、この風穴の奥に行くと
 体がばらばらにされそうな突風が
 吹いているんだね。

 皆、絶対ここに入っちゃだめだよ!


さて、そろそろビデオも終盤になってきたね。



次回は、ムツゴロウさんラヴィエンテと添い寝をお送りする予定です。

>ムツゴロウさんラヴィエンテと添い寝をお送りする予定です。
>ムツゴロウさんラヴィエンテと添い寝をお送りする予定です。
>ムツゴロウさんラヴィエンテと添い寝をお送りする予定です。




 




 どこニャ?
 どこで添い寝できるニャ!




 ち…ちょっと、待って…



【お断り】
慈江須太先生が謎の集団に拉致されたので、次回更新時期は未定です。

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~23時間目~

2011年09月22日 23:24

 やぁ、みんな!
 慈江須太先生だよ!

 やっと地下帝国から解放されたよ。
 とある女性が借金、立て替えてくれたんだ。
 まぁ、無一文になっちゃったんだけどねw

 でも、大丈夫!
 あーんな疑問や、こーんな謎も
 全部、先生におまかせだ!

さて、本日のお題はこちら!
「これって何? 龍属性っていったい何の事なの?」

たしかに『龍属性』って、今ひとつわかりにくいよね?
一体、どんな効果があるものなのだろう?

その前に、まずは『属性攻撃』について考えてみよう。


【火属性】


 【雷属性】
 

属性がある武器でモンスを攻撃した際、その属性を象徴するエフェクトが発生する事が
あるよね。
例えば火属性の場合は炎、雷属性の場合は雷が表示されて、物理攻撃のダメージに
属性ダメージが上乗せされるんだね。
その属性がモンスの弱点だったりしたら、ものすごく効果的なんだよね。


ところでこの属性攻撃なんだけど、どんな条件で発動するんだろう?
これは以下のシーンを見れば、明らかだね。


 

これは職人が武器の完成度を確かめているシーンだね。
テーブルに武器を叩きつけた瞬間、武器から炎が吹き出しているのがわかる。
武器に衝撃が加えられた時、つまりモンスを攻撃した衝撃が引き金となって
属性攻撃が発動しているんだ。


だけど、それだと問題があるんだ。
この職人は武器を軽くテーブルにぶつけて炎を出している。
つまり、そんなささいな衝撃で属性攻撃が発動してしまう事になる。
これは、大変な事だよ?
武器を背中に背負う衝撃で雷がほとばしったり、倉庫に立てかけておいた武器が
倒れた衝撃
で炎を吹き出し、倉庫が全焼!なんて事が起きてしまうんだ。
なんとも物騒な話だよね。

でも、大丈夫!





 武器の柄の部分には、必ず安全装置
 ついているんだ。

 これを解除しない限りは、属性攻撃が
 発動しないようになっている。



 デザインに紛らせて目立ちにくいんだけど
 柄を握る事によって、安全装置が
 解除
されるような仕組みになっている。

 だから背中に背負ったり、倉庫にしまって
 いるだけで属性攻撃が発動する事は
 ないんだね。

 うんうん、一安心だ。


さて、一般的な属性攻撃について理解できたところで、本題である『龍属性』について
考えてみよう。

【龍属性】




 龍属性のエフェクトは、見ての通り
 なんだか黒いモワッとしたものだ。
 これだけじゃぁ、いったいコレが何なのか
 わからないよね。

 飛竜や古龍に効果的な属性だと
 いう事なんだけど・・・

龍属性の高い武器の説明文を読んでみると、曰く「その気を感じるだけでダメージ」
だとか、「武器を持っているだけで飛竜が逃げ出す」等、ものすごく毛嫌いしている事が
わかるよね。

飛竜や古龍がものすごく嫌がるもので、かつ黒いモワッとしたもの…
…先生、何だかわかった気がするよ。
龍属性のエフェクトの黒いモノ、それは『毛』なんだ!

想像してみて欲しい。
武器で斬りつけられて、痛む傷口を確認してみたら大量の”毛が生えている”シーンを。
ものすごくイヤだし、精神的にダメージを受けるよね?

体毛に慣れているはずの自分達でもイヤなのに、全身が鱗に覆われており
”毛”というものに慣れていない飛竜や古龍の立場で考えたらどうだろう?
きっとPTSDを発症してもおかしくないくらい、トラウマになるんだろうね。
逆の立場で言えば、うちらが斬りつけられて傷口を確認してみたら、ビッシリと鱗が
生えている
ようなもの。
想像するだけで、背筋がゾッとするよね。

あ、ちなみに同じ鱗で覆われている『鳥竜種』に龍属性があまり効かないのは
きっと知性が低いから、毛が生えたところで気にしないからなんだろうね。

『龍属性』とは、瞬間的に大量発毛する属性の事で、飛竜や古龍の精神面に
対してダメージを与える攻撃なんだね。


瞬間的に… 大量の発毛作用がある…!?
先生、ものすごいビジネスチャンスを思いついたよ!

【メゼポルタ】   この薬で、たちどころに…


数日後…


 
 もう、あっという間にふさふさ…




アシA 「こんな張り紙があったんだけど…」

アシB 「こ…これは!?」

アシA 「なんだかアチコチに貼ってた」

アシB 「先生、今度は何をやったんだ!?」



【お断り】
慈江須太先生が行方不明の為、次回連載時期は未定です。

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~22時間目~

2011年08月12日 22:21

 やぁ、みんな!
 久しぶりの慈江須太先生だよ!

 実は永い間、武器屋のオヤジに騙されて
 地下施設で強制労働させられてたんだ。
 くそぅ、帝愛グループめ…

 でも、大丈夫!
 あーんな疑問や、こーんな謎も
 全部先生におまかせだ!

さて、本日のお題はこちら!
「デュラガウアの竜巻って不思議!どうやってるの?」

たしかにデュラガウアが放つ”氷の竜巻”って不思議だよね。
あれはいったいどのような原理になっているのだろう?

あ、そうそう。



 ベリオロスが使ってくる竜巻攻撃も
 デュラガウアと同じ原理だと推測されるね。

 だから今回デュラガウアの謎を解き明かせば
 ベリオロスの謎も明らかになるよ!



さてさてデュラガウアの竜巻なんだけど、よ~く観察してみると違和感があるよね。




 周りで氷のかけらが舞っているから
 わかるけど、竜巻の形は”三角形”。

 これこそが違和感の正体だよ。





 皆が”竜巻”と聞いて普段想像するのは
 こっちの方じゃないかな?

 ”逆三角形”の形の竜巻。
 多分、こっちの方が馴染みがあるよね。


だけど三角形の竜巻と逆三角形の竜巻、一体どちらが正しいんだろう?
実はね、どちらも正しいんだよ。


この二種類の竜巻は、『発生する理由』の違いで形が異なっているんだ。

【逆三角形の竜巻】


 逆三角形の竜巻は、上部に気圧が低い
 部分
があり、そこに空気が吸い上げられて
 発生するんだ。

 主に上空で発生しやすく、これの規模が
 大きくなったものが「台風」なんだ。

 上のパンツ男は、拳を高速で振り上げる
 ことによって上部に真空を生み出し、
 竜巻を発生させてるんだろうね。

【三角形の竜巻】



 三角形の竜巻は、下部に溜まった
 暖かい空気が上空に昇ることによって
 発生するんだ。

 運動会で良く発生するつむじ風のように
 主に地表付近で発生するんだ。

 この二つの竜巻が稀に合体すると
 巨大なハリケーンになるんだね。


デュラガウアが発生させている竜巻は三角形なので、暖かい空気が上昇して
発生している事になるね。

竜巻の外側は氷が舞っている事から非常に低温であると予想される。
この竜巻の中心部に”熱い空気”があれば、デュラガウアは竜巻攻撃が
できる事になるね。


 怒り状態になると、頭・腕・尻尾に
 氷をまとうデュラガウア。
 竜巻の外側の”冷たい空気”はここから
 容易に発生させられるね。

 問題は”熱い空気”
 デュラの吐息なんかでは、どうだろう?
 いいや、だめだ。
 氷のブレス攻撃をする以上、この状態の
 口の中は冷たいに違いないものね。


ところでデュラガウアは、どうして氷をまとう事ができるのだろう?
先生、いろいろ調べてみて、その理由がわかった気がするんだ。


 それは、エアコンの原理
 エアコンが冷たい空気を出せるのは
 ガスが液体から気体に変化する際に
 気化熱を奪っているからなんだ。

 スプレー缶を噴射し続けていると
 缶が冷たくなってくるのと同じだよ。

 そしてコンプレッサーが気体を再び
 液体に変え、この時は逆に熱が発生する。
 それを冷却するのが”室外機”なんだ。

デュラガウアがこの方法で腕や頭を急速冷却しているとしたら、どこかで必ず放熱
している”室外機”
のような役割の部分があるはず!
その熱を利用できれば、竜巻攻撃ができるよね。

放熱している部分、 …そうか!

エアコンは細い管の中を気体や液体が通っていて、そこに触れた風が冷やされている。
つまり、管状の器官で循環させるのが効果的だという事だね。



 管状の器官、そう”血管”だよ。

 血管を利用してエアコン効果を
 起こしているのであれば、血管が太く
 なっている部分
が一番高温になるはず。

 血管が太くなっている部分で、腕に一番
 近い場所といえば… そう、脇の下!

デュラガウアは、低温となった腕を振り回して外側の冷たい空気の渦を作ると同時に
脇の下に溜まっている熱い空気を渦の中心に放つ。
この原理で、あの強力な竜巻攻撃が生まれているんだね。

よく似たベリオロスの竜巻攻撃も、生息地である雪山の特性を生かして温度差の
ある竜巻攻撃をしているのだろうね。


黒服
慈江須太
黒服
「そろそろ時間だ。 ”一日外出券”は期限切れとなった。」
「………」
「さぁ、戻ろうか」

【その後、地下施設にて】




 くそぅ… くそぅ…

 こんな場所でいつまで働かせる気だ…
 ここは底辺の下の底辺。

 きっと抜けだしてみせる…
 あぁ、きっとだ!



【お断り】
慈江須太先生が強制アルバイト中ですので、次回連載時期は未定です。

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~21時間目~

2011年06月01日 00:05

 やぁ、みんな!
 慈江須太先生だよ!

 怪我はまだ完治していないけれど、
 さすが東洋の秘薬セイロガン!
 奇跡的な回復力に医者もビックリしてたよ。

 だから大丈夫!
 あーんな疑問や、こーんな謎も
 全部先生におまかせだ!

さて、本日のお題はこちら!
「特異体のモンス、強すぎ!どうしてこんなに強いの?」

たしかに「特異個体」と呼ばれるモンスは、強力なものが多いよね。
これは一体、どうしてなんだろう?


それじゃ、MHFのモンスの強さについて考えてみよう。

【下位モンス】
下位のモンスは、初心者ハンターでも対峙できる強さで安心だよね。




 安心できる証拠としてBCスタートだと
 いう点が挙げられる。

 下位クエストでは、必ずBCスタートだし
 支給品も最初からアイテムボックスに
 入っているね。



 通常クエストへは、気球で出発している。

 下位クエストはモンスが弱く、気球が
 現地に着陸しても危険が少ない。

 だからクエスト支援係は、ハンターをBCに
 送り出し、アイテムボックスに支給品を
 入れてから現地から撤退しているんだ。

安心できる下位モンスは、まだ経験の少ない若いモンスなのだろう。
見た目は立派だけど成体にはなっておらず、攻撃力も体力も少ないと予想できるね。


【上位モンス】
上位モンスになると見た目は同じでも、下位の頃とは比べ物にならないくらい強力に
なっている。
このクラスになって、やっとモンスも成体となり、本来の強さになったと言えるね。

モンスによっては上位でも更に強力な個体も存在し、それに挑むには高HRが必要。
きっと上位モンスの中での、”ジャイア○”みたいなものなんだろう。

そんな上位クエ、気球で現地に着陸するなんて危険は冒せない。
だから気球上からハンター達は飛び降りる事になるんだけど、着地できる地点は
気流の関係でバラバラになってしまう。
また気球がBCに着陸できないので、支給品は安全が確認されるまでボックスに
入れられる事はないんだね。


【変種モンス】
変種モンスになると、途端に厳しいものになってくる。
肉質は硬くなり属性攻撃も効きにくくなっているけど、これは何故だろう?

フルフルを例に考えてみよう。



 フルフルの弱点は”火”
 切断武器は、首・背中・腹、
 打撃武器は、頭、首、背中が通りやすい。

 もちろん、皆知っているよね?
 言葉を変えれば、その弱点を狙うように
 上位までは狩猟されてきたと思う。

 実は、これが原因なんだ。

変種モンスは、数多のクエでハンターを退けて生き残ってきた凄腕モンスなんだ。
当然、急所&弱点属性で攻撃されまくってきたのを、ずっと耐えてきた。
その結果、肉体の防衛本能から、攻撃されまくった急所は強化され、弱点の属性にも
耐性
がついて、攻撃が効きにくくなってしまったんだね。


【特異個体モンス】
そして、問題の特異個体。
この特異個体のモンスも、実は百戦錬磨の凄腕モンスなんだ。
ただ変種モンスと違う点は、数多のクエを勝ち抜くことで、変種のような防御面ではなく
”攻撃力”を強化してきたモンスだという事だね。



 尻尾回転の方向を突然反転させたり、
 麻痺したふりから攻撃したり、ハンターの
  隙を突く攻撃
を開発している。

 また従来の能力もパワーアップしている。
 風圧大→龍風圧に、高耳→超高耳にと
 いうように、自分の攻撃力を高める事に
 成功しているんだ。

もちろん新たな攻撃モーションも身につけ、まさに攻撃に特化した進化を遂げている。
それだから故、変種モンスよりも強く感じてしまうんだろうね。

だけど困りモノなのが、特異体古龍の存在。


 

ワープする能力を身につけたり、普段よりも強力な爆炎を身に纏ってみたりと
あり得ないくらい凶暴化している。
このまま特異体化が進むと、切れ目なくずっとメテオ降らせまくる紅龍や、岩を10個ほど
浮遊させているルコ
だとか、想像したくもない強敵が現れるかもしれない。

東の島国では、害虫のGキブリを駆除する薬品を開発したんだけど、なんとGキブリに
その薬品に対する耐性がついてしまった。
仕方なしに、もっと強力な薬を開発して駆除しようとしたけど、更にその薬品にも耐性の
あるスーパーGキブリが現れてしまった。
そしてそれを駆除する為に、更に強力な薬品を開発して… と、
イタチごっことなっているらしいんだ。

同じことが、こちらのモンスにも言えるのではないだろうか?
強くなったモンスを狩るために強力な装備を開発し、それに耐えて更に強力となった
モンスを狩猟する為に、もっと強力な装備を開発すると。
いつまでたっても終わらないどころか、最終的にはどうやっても狩れないモンスが
現れてしまうかもしれない



これ以上、強力なモンスを生み出さない為にも、強力な装備の開発を中止してもらう
必要があるよね。
…こうしちゃ、いられない!


 …と言う訳なんだよ。

 親父 「ほう、装備を作るなというんだな?」

 そうなんだ。これ以上は危険なんだよ!

 親父 「…隣の部屋で詳しく聞こうか」
 親方ネコ 「それがいいニャ…」

 …え? ち…ちょっと!?



【お断り】
慈江須太先生が何者かに拉致されて行方不明の為、次回連載時期は未定です。

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~20時間目~

2011年04月19日 22:03


 アシA 「初めまして!アシAです」
 アシB 「アシBです」
 アシA 「今、先生は脳挫傷で絶対安静中です」
 アシB 「東洋の秘薬”セイロガン”を投与されて
      いるので間もなく全快されるでしょう」
 アシA 「20回を迎えた先生の授業ですが」
 アシB 「今回は特別に先生の謎にせまります!」

アシA  「という訳で、今回のお題はこちら!」
「不審人物? 慈江須太先生って、いったい何者なの?」

アシB  「確かに付き合いの長い我々でさえ、先生の正体が掴みきれていません」
アシA  「そこで入手したのがこれ! なんと、先生の”日記”なのです」
アシB  「意外に几帳面な先生は、ハンターデビューの頃から日記をつけ続けているのです」
アシA  「この日記を読み解いていけば、おのずと先生の正体も判明する事でしょう」
アシB  「それでは、一緒に見ていきましょう!」


【×月×日 はれ】
今日は夢にまで見た、私のハンターデビューの日だ。
この日の為にツラい訓練にも耐えてきたのだ。
新人ハンターが一定レベルに達するまで、教官がマンツーマンで指導してくれるらしい。
どんなベテランハンターがやってくるのかとワクワクしていたら…

 やって来たのは『アカネコ』だった…
 ”ワタシが教官だニャー” なんて
 ふざけた事を言いやがる。
 ギルドに確認をとったところ、やはり
 このアカネコ、教官で間違いないらしい。

 あぁ、私のハンターライフは
 いったいどうなってしまうのだろうか?


【×月×日 くもり】
アカネコ教官と知り合ってから、随分と経った。
あんなふざけた格好をしていても、そこはさすが教官。
どんなモンスも余裕で倒して見せるのが、それはそれで腹がたつ。

 試験に受かって新人猟団を卒業できれば
 教官とクエに行く事もなくなるらしい。

 それを聞いた私は野良でハンターを集い
 ダイミョウザザミを討伐。
 晴れてアカネコ教官から解放されたのだ!

 そうだ、私は自由になれたのだ!


【×月×日 あめ】
この日を私は生涯、忘れないであろう。
アカネコ教官から解放された私は、単身で『リオレイア』に挑んだ。
ハンターとしてそれなりに場数を踏んできた自信、それが慢心だと気がついた時には
既に遅かったのだ。

リオレイアにボロボロにされ、既に二度も力尽きている。
尻尾に吹き飛ばされた私に、追い打ちをかけるようにブレスを吐くレイア。
しかし…

 一陣の風のように現れた赤い影
 ハンマーを手に参上したアカネコ教官は
 いとも簡単にリオレイアを討伐して
 私を窮地から救ってくれたのだ。

 「大丈夫かニャ?」

 あぁ、私は教官を誤解していました…
 人は”見た目”じゃないのですね。



 ぷすっ!
 その時、ランゴスタが教官を刺した!
 途端に力尽き、崩れ落ちる教官!?

 なぜ? どうして?
 アカネコ教官、しっかりしてください!

 「ワタシはもうダメだニャ…
  ワタシの分まで、お前は生きるんだニャ」



 教官は私を助けて、そして逝ってしまった。
 教官の最後の言葉を胸に、私は進む。

 そう、
 あのアカネコ教官を一撃で倒した
 凶悪なランゴスタを探しに!

 見ていてください、アカネコ教官!
 私はやりますよ!


【×月×日 はれ】
今日はアカネコ教官の一回忌だった。
墓前に報告するはずだった、「凶悪なランゴスタ」の情報はまったく得られていない。
もしかしたらランゴスタが強いのではなくて、アカネコ教官が異常に弱かったのでは?
だとしたら、ランゴスタにも負ける教官がレイアを即殺した事になる…?
そうか、きっと他のモンスには簡単に倒せる究極の弱点があるに違いない!
よし、明日からはその調査を始めよう!


【×月×日 くもり】
今日はアカネコ教官の三回忌だった。


 あれから数多のモンスと対決してきた。
 かの祖龍ですら、私にとって敵ではない。
 しかし、アカネコ教官があみだした
  ”究極の弱点”は未だ発見できていない。

 このまま単独での調査は、そろそろ
 限界なのかも知れない。

屋台で意気投合した巨体の老人(自称大長老?)に今までのいきさつを話した。
すると、王立学術院で各地のモンスター生息状況調査の為、『王立書士隊』
編成されるらしく、彼らを束ねる『王国書士官』に私を推薦してくれる事となった。
なるほど、書士隊が広く情報を集めてくれれば、私の念願も叶う可能性が高い。
また、王立学術院には膨大な書物がある。
私の求めている情報が眠っている可能性も捨てきれない。
私は、その申し出をありがたく受けることにした。


【×月×日 あめ】
『王国書士官』となって、随分と経つ。
私の担当の書士隊のメンバーは、実に良く働いてくれている。
今までの常識を覆す新発見も、一つや二つじゃ済まないくらいの実績だ。

 だが、私が求めている情報ではないのだ。
 どんなに実績を挙げても晴れない私の
 表情に、書士隊のメンバーはより一層
 がんばってくれている。
 実に申し訳ない事だ。

 また、王立学術院の書物を調べても
 私の求める情報がなかった事も
 失望の一因となっているのだろう。



 この度、王立書士隊は
 『王立古生物書士隊』として正式な
 王国の機関として発足する事となった。

 私も『筆頭書士官』として、日々の管理
 業務に忙殺される毎日だ。

 …一体、私は何をしているのだろう。


【×月×日 はれ】
今日、辞表を提出してきた。





 結局、私に宮仕えは無理だった。
 やはり現場に居てこそ、初めて
 発見できる事も多いはず。

 どうしてもついてくると聞かなかった
 優秀な書士隊員二名をアシスタントに
 また一からやり直しだ。

 アカネコ教官、見ていてください!



二人 「………」
アシA 「アカネコ服ってさぁ・・」
アシB 「うん。 教官倒れたのって”死神”が発動しただけだよね?」
アシA 「先生、そんな事も知らずに今まで調査してきたのか…」
アシB 「………」
二人 「絶対、ナイショにしておこう!」

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~19時間目~

2011年03月24日 00:26


 こ…こんにちは。
 私は『慈江須太』という者らしいです。
 どうも風呂場で転んだ時に頭を強打して
 記憶が曖昧になってるんですよ。

 なにやら”講義”をしないといけないみたいで
 メモが残ってるから、それを発表しますね。
 え~と… 「全部、先生におまかせだ!」?

さて、本日のお題はこちら!
「ギルドって金持ち? どこからお金もらってるの?」

たしかに莫大なクエスト報酬を提供しているギルド、その資金源は謎だよね。
どこからお金を調達してきているのだろう?

基本的にギルドの収入源としては
  ①.王国からの支援
  ②.貴族からの支援(金銀卵クエ)
  ③.古龍観測所からの支援(古龍クエ)
  ④.あやしげな商人からの支援(謎クエ)
などが考えられるね。
だけど、本当にそれだけでクエスト報酬はまかなえるのだろうか?

例えばクエスト報酬の最高額は「逆襲!ラージャン」の60万z
ランドに居る100人がクエストに一度成功すると、必要額はなんと6000万z
全ハンターが何度もクリアしてしまったら、報酬額は天文学的な数字になる。
これでは特定機関からの支援だけでは到底足りず、恒久的に資金を調達する仕組み
必要となってくるね。

恒久的に資金を調達する仕組みといえば、やっぱり『商売』
安く仕入れて高く売る。 その差額で利益を得るんだね。
ハンターがクエストで討伐・捕獲したモンスの素材販売がその一つ。
モンスター代を一定金額でハンターに支払い、そのモンスから得た素材を個別に販売
して利益を得る。

武器屋のオヤジも実は貢献しているんだ。
基本的に素材持ち込みで装備を作ってもらう場合、オヤジの報酬は作業代だけだよね?
だけど中には”どこで使用しているのかわからない素材”を要求された事はないかな?
出来上がった武器・防具と関係ない素材、実は転売目的に要求されているんだ。
もちろん、表向きには「生産に必要」だという事になっているんだけどね。





 食材屋のおばちゃんは実に良心的だ。
 素材販売では利益を上積みしているんだ
 ろうけど、「狩人弁当」は無料で作って
 くれるんだものね。

 そういえば、マイハウスでの食事や
 ユクモ村のドリンクって、不思議だよね。
 一度食べたり飲んだりすると、クエに
 出かけない限り次の食事ができないんだ。
でもそれは仕方のない事なんだよね。
ハンターの食事は特別な効果が発揮されるものが多い。
例えば「ヒーヒーカレー」なんかは、食材によって体力が増えたり減ったり、スタミナが
増えたり減ったり、非常に紛らわしい。
季節が変われば効果も変わる、そんな食事を一度に複数回とった場合、これはもう
どんな事態になるのか、想像もできないね。
最悪の場合は、ハンターの生命にかかわってくるかもしれないんだ。
だからクエストに出かけて帰ってくるまでは、次の食事ができない決まりになっている。
おばちゃんの狩人弁当は道中で食べるから、クエストに出るまでは何度でも注文を
やりなおす事ができるんだね。


さて話を戻すけど、ギルドが行っている商売での一番の稼ぎ頭がコチラ。




 そう、”アイテムショップ”なんだ。

 メガネのかわいい女店員さんに
 騙されちゃいけないよ!
 この店は非常にやり手なんだから。




 例えばハンターが100zで売った物は
 買い戻す時には1,000z必要となる。

 基本的に買値の1割の金額でしか
 売れない事になっていて、売買が成立
 する都度9割の利益がアイテムショップ
 に入る事になる。

クエストで持ち帰らずに精算したアイテムも、全てアイテムショップが格安で入手
している。
そしてそれを10倍の価格で販売しているんだから、実に商魂たくましい。

だけど、実はそれだけじゃないんだ。





 ”アイテムボックス”って、不思議じゃない?
 二ヶ月前に入れた生肉が腐らないし、
 爆炎袋と氷の結晶を一緒に入れても
 全然問題ないんだ。

 しかもあんな小さな箱に大量のアイテムを
 収納できるなんて、まるで魔法だよ。
 これは、どうしてなんだろう?

実はアイテムボックスに入っているのは「アイテム引換券」なんだ。
ハンターがアイテムをボックスに入れると、アイテムはギルドに預けられ、ボックスには
その代わりにアイテム引換券が収納される。
ハンターはボックスから引換券を取り出し、クエストに行く直前にギルドからアイテムを
もらっているんだね。
だからナマモノも大丈夫だし、大量に収納もできるし、性質が相反するものがあっても
問題ないんだ。

では、ギルドに保管されたアイテムはどうなるのだろう?
実は、アイテムショップで販売されているんだ!
例えば、預かったアイテムを1000zで販売しても、実際にハンターが必要となった時は
その10分の1で買い戻して渡せばいい。
つまり預かったお金を運用して利益を出す、一種の『銀行』みたいなものだね。

こうして商売によって得られた収益金がクエスト報酬として利用され、さらに街が発展
していくんだね。





 むむむ?
 先生、思い出してきたよ!
 ユクモ村に湯治に行ってたんだ!

 卵を哀しそうに見つめるプーギー。
 肉まんもらえる場所だけど、この近くで
 プーギー拾ったんだよね。
 先生が拾わなかったら、どうなってたんだろ?
 まさか、肉ま…

いやいや、そんな悲しい事は忘れよう!
記憶が戻った以上、これからもたくさん調査して皆に報告するよ!



風香「先生、記憶喪失だって。
    たしか頭に強い衝撃を受ければ
    記憶が戻るかもだよね?
    ちょっとかわいそうだけど、
    先生のためだもん!

  せ~のっ!



【お断り】
慈江須太先生が頭部に大怪我をして入院したので、次回連載時期は未定です。

【MHF】 教えて!! 慈江須太先生 ~18時間目~

2011年02月20日 20:49


 やぁ、みんな!
 慈江須太先生だよ!

 今日はユクモ村に湯治に来てるんだ。
 ここは温泉もあるし、お酒もあるし
 と~っても良いところだね。

 もちろん、使命は忘れてないよ!
 あーんな疑問や、こーんな謎も
 全部先生におまかせだ!

さて、本日のお題はこちら!
「食べ過ぎ! イビルジョーはなぜ食べてばかりなの?」

ここユクモ村の狩場で、突然乱入してくる凶暴なイビルジョー
油断してると獲物を食べられて、クエスト失敗しちゃったりするんだってね。
でも、なぜそんなに大食いなんだろう?


まずは『イビルジョー』について、おさらいしておこう。
メゼポルタの近くでは見かけないモンスなんだけど、いつ来るかもわからないからね。



【イビルジョー】
「 邪悪な顎」を意味する非常に巨大な獣竜種。棘に覆われた下顎と、首の近くまで裂けた大きな口を持つ。特定のテリトリーは持たず、獲物を求めてさまよっている。
その体躯に比例した高い代謝と体温を保つため、常に捕食し続ける。
貪欲なまでの飢餓感は底無しで眼に映れば襲いかかってくる習性を持っており、切断された自身の尾を喰らったり、同属に対しての共食いも行ってまで空腹を満たそうとする。
絶えない飢餓感もあってか凶暴であり、捕食のし過ぎで周囲の生態系を崩壊させ、生物を絶滅寸前に追い込んだ事例すらあるという。

ふむむ… なんと言うかとんでもないモンスだね。
こんなに恐ろしいイビルジョーは、いったいどんな生態なのだろう?


【幼少期】



 イビルジョーは爬虫類の特性が見られる
 から、卵生の可能性が高い。

 「リオレイアの生態」ではリオレイアが
 生まれた子供の世話をする姿が記録
 されている。
 しかし、イビルジョーはそうしないだろう。
 なぜなら自分の尻尾ですら食べてしまう
 彼ら。 下手すると空腹のあまり自分の
 タマゴを食べてしまいかねない
からだ。
生まれたばかりなのに、親から世話される事のない彼ら。
厳しい生存競争に放りこまれた小さな命、生存の為には”まず食べる事”が大事だ。
「生き残るために食べる」-- この基本精神が生まれながらに叩き込まれる。
場合によっては、先に生まれた者がまだ孵化していないタマゴを襲う事があるかも
知れないけど、弱肉強食のレースは既に始まっているから仕方ない事なんだ。
このせいで”同属に対しての共食い”に抵抗を感じ無くなるんだろうね。


【成体】
幼き頃より食べるための戦いを繰り返し、成体となったイビルジョー。
その体には無数の傷が刻まれており、生存競争の激しさを物語っている。

 しかも激昂したイビルジョーは、古傷が
 開いてその痛みから更に激昂するという。

 いつまでも治らない生傷…
 そんなものがあったら、頭を使った狩猟
 なんて、とても出来ないだろうね。

 待ち伏せしてても、傷がズキズキ…
 集団で追い込んでても、傷がズキズキ…
”あーっ!もうやってられるかー!”ってイビルジョーの叫びが聞こえてきそうだね。
かくして彼は怒りにまかせて獲物を追い続ける方法でしか狩りができないのだろう。
無茶な狩りで増えていく生傷… 哀しき連鎖反応なんだね。


イビルジョーが”食”を大事にしている事はわかったけど、そこまでして食べ続けなきゃ
いけない理由ってのは何だろう?



 大食漢といえば、このモグラ
 彼らは12時間、胃袋に食べ物が無い
 状態が続くと餓死してしまうらしい。

 地中を移動するのにエネルギーが必要な
 事と、エサのミミズが低カロリーな事も
 あって、四六時中食べ続けなければ
 いけないんだって。



 全長20m、全高6mの巨体、賄うには
 大量のエネルギーが必要だろう。
 だからたくさん食べるのは理解できる。

 だけど生態系のバランスを崩しそうに
 なるまで捕食し続けるのは異常だね。

 他に理由があるんじゃないだろうか?



 先生、イビルジョーの姿を見ていて
 気がついたんだけど、下腹部側に
 大きなお腹のふくらみがあるね。

 これがイビルジョーの胃であるならば
 全ての謎は解ける。

 そう、胃下垂なんだ!

「胃下垂」とは、胃が正常な位置よりも下に垂れ下がっている症状だね。
この状態だと胃の蠕動運動が弱くなってしまい、消化機能が低下してしまう。
ひどい状態になると、通常の1/3まで消化能力が落ちてしまう事もあるんだ。
つまり、普通の3倍の食事をしてやっと人並みのエネルギーを補給できる、いわゆる
「痩せの大食い」ってタイプなんだね。
だから巨体のイビルジョーは、たくさん食べ続けなきゃいけないんだ。

更に皮下脂肪の少ない部分に胃があるため、冷やされることで全身が冷え性
なってしまう弊害も起こってしまう。
冷え性を改善させる熱源はどう補うか? …そう、食べるしかないんだ!
ここでもやっぱりイビルジョーは食べ続ける宿命なんだね。

過酷な生存競走で”食”の大事さを学び、慢性的な胃下垂によって食べ続けなきゃ
いけないかわいそうなモンス。
それが、イビルジョーの正体だったんだ。


イビルジョーもユクモ村の温泉で湯治すれば、胃下垂も治るかも知れないのにね。
…ぶるぶるっ
ずっと外にいたら、体がすっかり冷えてしまったよ。
急いで温泉に入りなおそうっと!





 つるっ


 「あっ!?」

ごんっ!

………





【お断り】
慈江須太先生が旅先で大怪我をしたので、次回連載時期は未定です。


最新記事

QLOOKアクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。